基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / Word・Excel・PowerPoint・Outlook

入力装置とは

力装置とは、文字どおり文字や数字等の情報を入力する装置になりますが、まず誰でも思い浮かべるのが、キーボードマウス でしょう。

キーボードとマウスは、パソコンにおける最もメジャーな入力装置になります。しかし、入力装置は補助記憶装置と同様に、これだけではありません。

この世の中に存在する入力装置は無数にあります。例えば、マイクであったりデジタルカメラであったり、時にはエレキギターなどの電子楽器も入力装置になるでしょう。また、障害者の方が使う様々な意思伝達装置も入力装置になります。

つまり、パソコンに接続することができれば、文字以外にも音声や画像、座標等の位置情報などを扱う装置はすべて入力装置になり得るのです。

ただ、特異な入力装置を解説してもそれほど意味がありませんので、本項では代表的な入力装置の解説に留めたいと思います。

パソコンにおける入力装置は、大きく分けて次のように分類することができます。

・数字や文字を入力する装置
・画面上の位置情報を入力する装置
・画像データなどを読み取る装置

となります。具体的には下表にまとめてありますが、中でも画面上の位置情報を入力する装置は、

ポインティングデバイス

と呼ばれ、よく用いられる用語になりますので、しっかり覚えておきましょう。

文字や数字の入力装置
名称 特徴
キーボード 文字を入力するキーの他に、数字を入力するテンキーやファンクションキー、カーソルキー等が配列されている。
キーの配列規格には、JIS配列、ASCII(アスキー)配列等がある。

位置情報の入力装置 (ポインティングデバイス)
名称 特徴
マウス 平面上を滑らせて移動の方向や距離を感知し、座標を入力する(カーソルを操作する)装置。
ボールの回転で動きを感知するものや、光センサーで感知するものがある。
トラックボール ボールを指や手で直接回転させることで座標を入力する(カーソルを操作する)装置。
マウスを裏返したようなもので、装置そのものを動かさなくてもよいので作業スペースが不要。
トラックパッド 平らなパッドを指でこすることで、座標を入力する(カーソルを操作する)装置。
多くのノートパソコンに採用されている。
デジタイザ 画面と対応する平面の板の上を、ペンなどで指定することで座標を入力する装置。
マウスによる位置指定は、現在のカーソルの位置からの相対指定であるのに対し、デジタイザでは画面に対応する板の上で、絶対位置を指定するため、図面作成等の細かい作業に向いている。小型のものは、タブレット と呼ばれる。

画像の入力装置
名称 特徴
スキャナ 絵や写真などを光学的に読み込み、画像データに変換してパソコンに取り込む装置。
バーコードリーダー バーコードの情報を読み取る装置。
POS
システム(コンビニ等のレジで使用する販売情報や在庫管理のシステム)で用いられることが多い。
OCR Optical Character Readerの略。光学式文字読み取り装置。
スキャナで文字を画像として取り込んだ後、OCRソフトで解析し、テキストデータに変換する。
OMR Optical Mark Readerの略。光学式マーク読み取り装置。
塗りつぶしたマークを読み取る。
マークシート式の試験やアンケートの集計などに使用される。
デジタルカメラ 画像をデジタルデータとして記録する装置。
パソコンに取り込んで編集、加工、コピー、出力等が可能。

その他の入力装置
名称 特徴
音声認識装置 マイクを使って、音声を取り込む装置。
音声認識ソフトによって、文字情報(テキストデータ)に変換する。

この他にも、タッチパネル、ジョイスティック、磁気カードスキャナなど多くの入力装置がありますが、パソコンの主たる入力装置は、キーボードとマウスになります。

更新履歴

2008年7月25日
ページを公開。
2009年4月19日
ページをXHTML1.0とCSS2.1で、Web標準化。レイアウト変更。
2014年5月19日
内容修正。
2018年1月25日
ページをSSL化によりHTTPSに対応。

参考文献・ウェブサイト

当ページの作成にあたり、以下の文献およびウェブサイトを参考にさせていただきました。

基本情報技術者Web学習室(入出力装置)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~pafu/kihonweb/gozen/02/2_5.htm